名前を入れます

Conference2022年学会発表

2022 Conference

    日本化学会 第102春季年会(2022),オンライン開催,2022年3月23-26日.

    「4本鎖DNA検出のための新規環状フェロセン化ナフタレンジイミド」佐藤しのぶ,金好秀馬,竹中繁織. [口頭発表]
    「新規環状ビスナフタレンジイミドと各種DNAとの相互作用」永井はるか, 村上 駿, 佐藤しのぶ, 竹中繁織. [口頭発表]
    「アクリジン-ポリエチレングリコールコンジュゲートとファージとの相互作用」西村優梨香, 前田憲成, 佐藤しのぶ, 竹中繁織. [口頭発表]


    ナノ学会20回大会,オンライン開催,2021年5月20-22日.

    「COVID-19検出を目指したRNA 4本鎖の電気化学的検出」佐藤しのぶ,金好秀馬,竹中繁織. [口頭発表]


    第59回化学関連支部合同九州大会,北九州国際会議場,2022年7月2日.

    「DNAへの光ラベル化試薬としてのフェロセン化ソラーレンに関する研究」日髙竜希, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.
    「DNAトリプレットリピートの識別を目指した新規環状ビスナフタレンジイミドの開発」永井はるか, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.(ポスター賞)
    「β-CDまたはアダマンタンを有するナフタレンジイミドを利用したDNAアセンブル化に関する研究」西山倖樹, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.
    「ファージの安定化試薬としてのアクリジンポリエチレングリコ―ル」西村優梨香, 前田憲成, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.
    「フェロセン化ナフタレンジイミドとhybridization chain reactionとを組み合わせた電気化学的miRNA検出法の開発」木村波月, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.
    「4本鎖DNAとナフタレンジイミドとの相互作用における置換基効果に関する研究」藤嶋寛大, 佐藤しのぶ, 竹中繁織.


    FIBER International Summit for Nucleic Acids 2022,甲南大学,2022年7月13-15日.

    「Electrochemical detection of G-quartet RNA for SARS-CoV-2」Shigeori Takenaka. [招待講演]


    第32回バイオ・高分子シンポジウム,東京工業大学,2022年7月28-29日.

    「SARS-CoV-2 の四本鎖 RNA と環状フェロセン化ナフタレンジイミドとの相互作用」竹中 繁織, 金好 秀馬, 佐藤しのぶ. [口頭発表] (発表キャンセル)

    2021Conference

名前を入れます

連絡先はこちら

〒804-8550
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学工学部応用化学科
教育研究8号棟S202号室
竹中研究室
TEL:093-884-3322
FAX:093-884-3322
shige@che.kyutech.ac.jp