• +81-93-884-3322
  • rcbtr@takenaka.che.kyutech.ac.jp

2009年

<2009年>

  1. “Electrochemical assay of plasmin activity and its kinetic analysis”
    Keiichi Ohtsuka, Iwao Maekawa, Michinori Waki, & Shigeori Takenaka
    Analytical Biochemistry385, 293-299 (2009).[Abstract].
  2. “次世代バイオチップに向けて-電気化学的ヌクレアーゼアッセイチップ-”
    竹中繁織
    ケミカル・エンジニアリング54(1), 25-31 (2009).
  3. “新たな制がん剤として期待されるテロメラーゼ阻害剤の評価法”
    佐藤しのぶ
    ぶんせき, 第3号, 155 (2009).
  4. “テロメラーゼ活性の迅速な検出法-究極のがんマーカーとしての期待-”
    佐藤しのぶ,竹中繁織
    化学64(4), 74-75 (2009).
  5. “フェロセンを利用した電気化学バイオチップの開発”
    竹中繁織
    未来材料9(3), 20-29 (2009).
  6. “第5節ナノバイオデバイス SNP検出デバイス”
    佐藤しのぶ,竹中繁織
    超分子 サイエンス&テクノロジー 基礎からイノベーションまで, 国武豊喜 監修, NTS, pp.1076-1084 (2009).
  7. “Reliable ferrocenyloligonucleotide-immobilized electrodes and their application to electrochemical DNase I assay”
    Shinobu Sato, Katsuya Fujita, Masanori Kanazawa, Kosuke Mukumoto, Keiichi Ohtsuka, & Shigeori Takenaka
    Analytica Chimica Acta645, 30-35 (2009).
  8. “超高感度電気化学イムノアッセイ法”
    大塚圭一
    ぶんせき, 第7号, 384 (2009).
  9. “Immobilization of a naphthalene diimide-DNA complex on the gold through dithiolane moieties”
    Shinobu Sato, Keiichi Ohtsuka, & Shigeori Takenaka
    Nucleic Acids Symposium Series53, 147-148 (2009). [Abstract].